本ページには広告が含まれています。

season

50代・40代女性のフェスファッション!夏フェスの服装のポイントを紹介

夏フェスファッション

40歳を過ぎると今まで来ていた洋服が似合わなくなってきて、フェスファッションも例外ではなかったりしますよね。

フェスの服装を選ぶときに、こんなお悩みはありませんか?

  • フェス定番の「Tシャツ+短パン」コーデはさすがに無理…
  • 若い子向けのカジュアルコーデにも違和感…

アラフォー筆者も若い頃買ったグラミチのショートパンツを捨てようか悩んでるので、気持ちはよくわかります。。

そこでこの記事では、50代・40代の夏フェスの服装について調べてみました。

アイテム別の選び方のポイントや、夏フェスで "痛い" おばさんにならないためのファッションについても解説していきますね。

この記事でわかること

  • 50代・40代のフェスファッションは大人カジュアルスポーツミックスコーデを目指してみて!
  • 50代・40代の野外フェスのアイテム別の選び方のポイント
  • 50代・40代が避けるべき服装のポイント

50代・40代女性のフェスファッションのポイントは?

画像リンク先:楽天市場

40歳を過ぎると、フェスの定番の服装の「Tシャツ+短パン」コーデに違和感を感じるようになってきますよね。

若い時の格好をすると、浮いてしまったり若作りの "痛い" おばさんになってしまうことも。

そうならないためには、大人カジュアルスポーツミックスコーデを目指すとおしゃれに決まりますよ。

デザイン面に加えて以下の機能面も忘れずに取り入れるようにしてくださいね。

機能面のポイント

  • 動きやすい
  • 汚れてもいい
  • 紫外線・暑さ対策も万全

デザイン面・機能面の両方のポイントを押さえて、後悔のない夏フェスを楽しんでくださいね。

CHECK>>楽天で大人かわいい夏フェスファッションを探してみる

50代・40代女性の夏フェスの服装の選び方をアイテム別に紹介

50代・40代女性の夏フェスの服装の選び方をアイテム別にご紹介していきます。

トップスは「Tシャツ+アームカバー」がおすすめ

画像リンク先:楽天市場

フェスの会場では、アーティストのTシャツを着る方が多いのかなと思います。

アーティストのTシャツ以外だと、ロゴの小さいデザインTシャツなんかがおすすめです。

体型や肌質が変化してくるとカジュアルな綿素材のTシャツが似合わなくなってくるんですよね。

ですので、素材しっかり目の大人っぽいデザインのTシャツを選ぶといいと思います。

ロンTを重ねるのも良いのですが重ね着は暑いので、日焼け対策はアームカバーが脱着も簡単でおすすめですよ。

ボトムスは「ワンピース+レギンス」や「ロングパンツ」で日焼け対策も万全に

画像リンク先:楽天市場

ボトムスは「ワンピース+レギンス」「ロングパンツ」がおすすめです。

ワンピースは女性らしさが出るし体型がカバーできていいですよね。

地面からの照り返しが暑いのでワンピースを着る時はレギンスは必須です。

レギンスを重ねるなら、速乾性が高くて動きやすいジョガーパンツなんかもアリですね。

おすすめしないのは以下のようなボトムスです。

NGボトムス

  • ミニスカート
  • ショートパンツ
  • マキシスカート
  • ワイドパンツ

40代・50代のミニ丈はレギンスを重ねても品のない感じになりがちです。

ロング丈はよくファッション雑誌なんかで紹介されていますが、トイレの床に裾がついたり踏まれたりして危険です。

着るのであれば足首の出るミモレ丈くらいにしておくと良いと思います。

靴は履き慣れた「スニーカー」で。

靴は基本的には履き慣れたスニーカーでOK。

防水をスプレーしておけば、軽い雨や汚れは防ぐことができます。

筆者愛用の「コロンブスの防水スプレー」は水をよく弾くし、帽子や鞄なんかにも使えるので一本持っておくと便利ですよ。

雨が降るとぬかるむ会場に行く時は、折りたためるレインブーツが便利です。

日本野鳥の会のレインブーツは可愛さと性能を兼ね備えている、フェス参加者に愛用者の多いブーツでおすすめですよ。

絶対に履いて行かない方がいい靴は以下の通りです。

NGシューズ

  • サンダル
  • ヒールのある靴

足の出るサンダルは混雑しているところで他人に踏まれて危険です。

ヒールのある靴も飛んだり跳ねたりできませんし、他人の足を踏んだ時に凶器になりますのでやめておきましょうね。

帽子は「キャップ」でスポーツミックスもおしゃれ

画像リンク先:楽天市場

帽子は日焼け対策・熱中症対策に必須です。

アウトドア用のサファリハットも良いのですが、レディライクなキャップにしてみてもおしゃれですよ。

バッグはシンプルな「ショルダー」や「サコッシュ」がおすすめ

画像リンク先:楽天市場

貴重品を持ち歩くのに使うバッグは、どんなファッションにも合わせやすいシンプルな「ショルダー」「サコッシュ」がおすすめです。

汚れても洗える丈夫な素材だとGOODですね。

雨対策は中にジップロックを入れておけば完璧です。

CHECK>>楽天で大人かわいい夏フェスファッションを探してみる

50代・40代女性が夏フェスで "痛い" おばさんにならないためのポイントは?

最後に、40代・50代が夏フェスで "痛い" おばさんにならないためのポイントをまとめておきます。

40代・50代になると残念ながら、

  • 肌に潤いと艶がない
  • 肌にシワやたるみがある
  • 体型が崩れる

こういった点には争うことができません。

フェスの服装に限らず、欠点を認めてそれをカバーするような装いに変えていくことがおしゃれの第一歩なんです。

40代・50代が "痛い" おばさんにならないためのチェック項目を詳しく解説していきますね。

ボディラインを拾いすぎない

ボディラインを拾い過ぎる服は、体型が崩れ始めている40歳以降が着ると "痛い" おばさんです。

後ろから見てもおばさんだとわかりますからね…

ピチピチは若い子の特権です、そろそろ卒業することにいたしましょう。

オーバーサイズにしすぎない

オーバーサイズもリラックス感が出過ぎてしまい "おば見え" してしまうポイントです。

体型を隠そうとする行為が仇となるわけなんですよね。

ボディラインを拾いすぎず、オーバーサイズすぎない適度なサイズがおしゃれに見えるサイズ感です。

露出が多すぎない

露出が多いミニスカート、ショートパンツなど露出の多い服は品がなく見えます。

正直同性でも目のやり場に困りますからね…(痛いという意味で)

かといって全身隠すと重い印象になるので、手首足首の細い部分を出して華奢感を出すといいですよ。

フリルやレースが多すぎない

顔が老けているのにフリルやレースの過剰に甘いファッションをすると、当然チグハグな印象になります。

顔の近くに苦手なものを持ってくると、より一層違和感が際立ちます。

ボトムスなど顔から話して取り入れるとうまくいきやすいですよ。

生地にこだわる

40代・50代がペラペラでシワのつきやすい生地もNG。

生活感が出てだらしなく見えてしまうんですよね。

プチプラでもハリ感があり高見えする素材を選ぶようにしましょう。

色味を抑える

かわいい山ガールコーデのように、たくさん色を使うと子供っぽい印象になります。

色味は3色以内に押さえて、派手な色は小物で取り入れると良いでしょう。

CHECK>>楽天で大人かわいい夏フェスファッションを探してみる

50代・40代女性のフェスファッションまとめ

以上、40代・50代女性の夏フェスのファッションについてご紹介しました。

フェスファッションのポイントは、

  • デザイン面:大人カジュアル、スポーツミックスコーデ
  • 機能面:動きやすい、汚れてもいい、紫外線・暑さ対策も万全

です。

ポイントを押さえておしゃれで快適なフェスを楽しんでくださいね。

-season
-

error: Content is protected !!